2017年6月26日月曜日

Joe HendersonのBlue Noteワンホーン作品4作 (4) McCoy Tyner/THE REAL McCOY

McCoy Tyner/THE REAL McCOY [Blue Note] rec.1967, re-issue 1989(東芝EMI)


Cover Design : Reid Miles

1967/04/21, Englewood Cliffs, NJ
JH (ts), McCoy Tyner (p), Ron Carter (b), Elvin Jones (ds)

01. Passion Dance
02. Contemplation
03. Four by Five
04. Search for Peace
05. Blues on the Corner

------------------------------------------

INNER URGEからは、bassがCranshawからRon Carterに入れ替わっただけ。

Passion Dance、Search for Peaceと、1970年代McCoyのレパートリーが現れてきている。McCoy作の曲は結構浪花節である。メカニカルでドライな曲を作るジョーヘンとは対照的。従って、メンバーはほぼ同じでも、INNER URGEよりは熱血度が高い。

McCoyの曲は日本人好みといえるかもしれない。作曲家としてのMcCoyってもっと注目されていいと思う。

------------------------------------------

この作品は、Coltrane 4脱退後低迷していたMcCoyが吹っ切れた作品として有名だが、McCoyが本当に爆発するのは、実はその5年後、1972年のSAHARA [Milestone] だ。熱血度は倍増する(単調度も倍増)。

しかし、わざわざジョーヘンをワンホーンで迎えて堂々と渡り合うところなぞ、THE REAL McCOYが自信作なのは間違いない。

McCoyのリーダー作に入れると、ジョーヘンは決して熱くなることはないので、McCoyにとっては少し物足りなかったかもしれない。多少ヘタでも、単純に熱くなるSonny FortuneやAzar Lawrenceらの方がMcCoyに合ってる。

------------------------------------------

Paasion Danceは1 codeのmode曲。こういう単純な構造で熱く燃え上がる、70年代McCoyの芸風確立のきっかけとなった曲。

------------------------------------------

Contemplationはゆったりした3/4拍子。こういう曲は、Elvinは得意中の得意。

------------------------------------------

Four in Fiveは、MonkかOrnetteっぽい不思議な跳躍を持った面白い曲。ジョーヘンもこういう曲得意。

しかしアドリブは全然別、というフュージョンを先取りしたような構成。

------------------------------------------

Search for Peaceは、70年代McCoyを聴いてきた人にはもうお馴染みの曲、って順序が転倒してるけど。

こういう屈折があまりないストレートなバラードだと、ジョーヘンのおとなしさが強調されてしまい、いまいち合っていない気がする。

------------------------------------------

Blues on the Cornerは、ギクシャクしたメロディを持つBlues。こういう曲には、ジョーヘンはピッタリだ。

------------------------------------------

しかし、以上のような曲者・豪腕入り乱れた中に一人で飛び込んで、いずれも互角に渡り合えるジョーヘンはやっぱりすごい。強さと柔軟性を兼ね備えた真の実力者だ。

ただ・・・オシの弱さがこの人の致命的な弱点・・・。まあ、そこがジョーヘンらしいとこなんだけど。

------------------------------------------

ジョーヘンのBlue Noteでの「ワンホーンもの」というのは、実はこの他にもまだある。「テナー+ピアノ・トリオ」ではなく、少し変則的な編成だが。

Grant Green/IDLE MOMENTS [Blue Note] rec.1963 (ts+p+vib+g+b+ds)
Grant Green/THE KICKER [Blue Note] rec.1963 (ts+p+vib+g+b+ds)
Freddie Roach/BROWN SUGAR [Blue Note] rec.1964 (ts+org+g+ds)
Bobby Hutcherson/THE STICK-UP ! [Blue Note] rec.1964 (ts+p+vib+b+ds)

いつかまた補足したい(全部は聴いたことないので)。

0 件のコメント:

コメントを投稿