2018年1月16日火曜日

Joe Bowie & Defunkt (1) Defunkt結成前夜

この後、Burroughsものがさらに続くので、ちょっと息抜き。

DEFUNKT [Hannibal] release 1980 → [Ryco Disc/Hannibal] re-issue 1992


Design : M&Co. New York

最近ようやくCDを手に入れたので紹介しておこう。これJazzとしてもSoul/Funkとしても名盤なので、もっと入手しやすくなってほしい。

------------------------------------------

今も活動を続けるDefunktのデビュー作。リーダーはJoseph(あるいはJoe) Bowie。

Joe Bowie(1953-)は、St.Louis出身のtrombonist。Art Ensemble of ChicagoのLester Bowie (tp)(1941-99)は彼の兄。本盤Producerでtsで参加もしているByron Bowieも兄らしい。

------------------------------------------

1970年代にfree jazz畑で活躍。St. LouisのJazz Musiciansは、ChicagoのAACM(Association for the Advancement of Creative Musicians)を真似たような、Black Artists Group(BAG)という団体を作って活動していた。Joe Bowieもそのメンバー。

BAGのメンバーは、Julius Hemphil (as,ss,fl)、Oliver Lake (as,ss,fl)、Hamiet Bluiett (bs, acl)、Bailida Carroll (tp), Charles Bobo Shaw (ds), Luther Thomas (as, fl), Joe Bowie (tb)という錚々たる面々。

なおJoeの兄Lester Bowieは、早くからChicagoのAACMに参加していたため、BAGのメンバーではない。が、もちろんSt. Louis出身なので、BAGのメンバーとはしょっちゅう共演している。

BAGは1968年頃から活動していたが、1970年代後半にはみんなNYCに出て行ってしまい、発展的解消をしたようだ。

------------------------------------------

Hemphil、Lake、Bluiettあたりは、当時のNYCのLoft Jazzシーンでは中心的役割を果たし、後にはWorld Saxophone Quartetを結成するなど、めきめき売れっ子になっていった。楽器のテクも超絶。

一方、Charles Bobo Shaw、Luther Thomas、Joe Bowieは共にHuman Arts Ensembleを結成し活動(リーダーはLuther ThomasだったりShawだったりとテキトー)。

悪いけど、この3人になると、BAGでも「2軍」といった感じ。楽器はヘタクソ、その音楽もやたらとドタバタ~ガッチャガチャした感じで、あまり洗練されていない作風。

------------------------------------------

それでも

Luther Thomas Human Arts Ensemble/FUNKY DONKEY Vol.I [Creative Consciousness] rec.1973, Release 1977 

は、かなりおもしろいアルバムだった。これはいつかまた、ちゃんと取り上げよう。

なお、2001年には、未発表だったVol.II(Intensity)と合わせ、

Luther Thomas Human Arts Ensemble/FUNKY DONKEY Vols.I&II [Atavistic/Unheard Music Series] rec.1973, release 2001 


Cover Design : Luther Thomas

という形で初CD化されている。

------------------------------------------

Joe Bowieがやっていたのは、主にfree jazz。しかし、free jazzというのは「楽器のテクニック自慢」的なところが多分にある。

ところがJoeのtbはというと、あまりテクがなくガナるばかり。彼のfree jazzは、あまりおもしろいものではなかった。

1970年代中頃のLoft Jazzブームが一段落し1970年代後半になると、free jazzシーンもなんとなく行き詰まり感があり、free jazz musiciansは次の展開を求めて動き出した。

Free jazzに他のBlack Musicを混ぜ始めたのだ。

------------------------------------------

口火を切ったのは、1960年代に続いて、またしてもOrnette Coleman。

バンドメンバーが、Jazzをあまり知らない若手に切り替わると、若手たちが得意なR&B/Funk rhythmに仕方なく切り替えていったという。これが1975年ころ。

これは、Miles Davisが活動を休止した時期と一致している。上記のOrnetteの言い分では、Milesは全然出てこないが、少なからずElectric Milesの影響はあったんではないか、と推察する。

------------------------------------------

Ornette Coleman/DANCING IN YOUR HEAD [A&M/Horizon] rec.1973 & 1976, release 1977

Ornette Coleman/BODY META [Artist House] rec.1976, release 1978

とリリース。

とても変なfunk rhythmに乗せ、Ornette自身は相変わらず、という異形のfree jazzをやり始めた。

商業的には全く話にならなかったが、free jazz musiciansには大きなヒントを与えたのではないだろうか?

------------------------------------------

1980年頃になると、Loft系のfree jazz musiciansたちがJazz以外のBlack Musicにfree improviasationを乗っける、という展開を見せ始める。

Lester Bowie (tp)は、

Art Ensemble of Chicago/NICE GUYS [ECM] rec.1978, release 1979

で、JamaicaのReggaeを取り上げる。Jaという曲がそうだ。この後にはGospelを取り上げるようになり、ECMに名作の数々を残した。

------------------------------------------

Ornetteの弟子、James Blood Ulmer (g)、Ronald Shannon Jackson (ds)、Jamaaladeen Tacuma (b)らは、それぞれが独自のfunk rhythmで強力な作品群を続々とリリース。Ulmerなどは、ついには大majorのColumbiaと契約するまでに至る。

Oliver Lake (as,ss)は、Jump UpというReggaeバンドを組んで活動し始めた。

Joe Bowieの盟友Luther Thomasも、DizzazzというバンドでMoers Jazz Festivalに登場。ReggaeもFunkもRapも、そしてJazzもごった煮にしたような名アルバムを残す。

Ray Anderson (tb)も、Slickaphonicsというfunk色の濃いバンドをやっていた。

------------------------------------------

片や白人Rock畑からは、James Chance (as)、The Pop Group分裂組のPig Bag、Rip Rig & Panic、Maximum Joyなどが現われ、こちらもBrass Rock、Funk、Afro Cuban、Free Jazzをごった煮にしたような音楽をやり始めた。

他にもPinski ZooだのElliot Sharpだのもいたなあ。一時はECMですら、Everyman Bandという、得体のしれないFunk-Free Jazzバンドのアルバムを出していたほど。

そんな妙な作品群を、次から次へと入手していた自分もどうかと思うが、とにかく面白い時代だった。

------------------------------------------

さて、ここでようやくJoe Bowieに戻るが、彼もfree jazzをやっていたわけだが、自分の限界というものもよくわかっていたのではないだろうか。周囲の流れと歩調を合わせるように、JoeもFunk Musicを取り入れたDefunktというグループを結成。

これがJoe Bowieの音楽性に、ピタリとはまった。彼は辛気臭いfree jazz向きの男ではなかったのだ。

ようやく、そのDefunktのfirst album DEFUNKTの登場にたどり着いたところで次回。

===========================================

(追記)@2018/01/16

この時代のFree Jazzの動きはとてもおもしろいので、Arthur BlytheやDavid Murrayあたりも含めて、いつかまた歴史をたどってみよう。

2018年1月12日金曜日

BURROUGHS WITH MUSIC (17) BurroughsとHal Willner-その2

引き続きNBC Saturday Night Live(1981/11/07)出演時のBarroughs朗読。

------------------------------------------

後半、続いてはNOVA EXPREESSから。これも「Dr. Benway手術もの」だ(笑)。

Twilight's Last Gleamings(注)

SS America --- < -- omitted -- > --- off Jersey coast: < -- omitted -- > 

"Uh, Ladies and Gentlemen --- There is no cause for alarm. We have a minor problem in the boiler room but everything is now under…"

The sound effects of a nuclear blast.
BLOOOMMM

Explosion splits the boat. < -- omitted -- > 

Doctor Benway, Ship's Doctor, drunkenly added two inches to a four inch incision with one stroke of his scalpel ---

"Perhaps the appendix is already out, doctor," the nurse said peering dubiously over his shoulder --- "I saw a little scar ---"

"The appendix OUT! I'M taking the appendix out --- What do you think I'm doing here?"

"Perhaps the appendix is on the left side, doctor --- That happens sometimes you know ---"

"Stop breathing down my neck --- I'm coming to that --- Don't you think I know where an appendix is? --- I studied appendectomy in 1904 at Harvard --" He lifts the abdominal wall and searches along the incision dropping ashes from his cigarette ---

"Get me a new scalpel -- this one's got no edge to it --"

He thrusts a red fist at her. 

BLOOOMMM

The doctor reels back and flattens against the wall, a bloody scalpel clutched in one hand. The patient slides off the operating table spilling intestines across the floor. Doctor Benway sweeps instruments, cocaine and morphine into his satchel.

"Sew her up. I can't be expected to work under such conditions"

< -- omitted -- > Doctor Benway pushed through a crowd at the rail and boarded The First Life Boat ---

"Are you all right?" he said seating himself amongst the women --- "I'm the doctor."

modified after William S. Burroughs (1964) Gave Proof through the Night. IN : NOVA EXPRESS. Grove Press, NYC.

参考 :
・Genius > ALL ARTISTS > W > William S. Burroughs > Twilight's Last Gleamings (as of 2017/11/07)
https://genius.com/William-s-burroughs-twilights-last-gleamings-lyrics
(原文からかなり変更が多い。朗読に従って表記。改変・付加箇所は赤字



黄昏の最後の輝き(注)

S・S・アメリカ --- < -- 省略 -- > -- ニュージャージー沖合 -- < -- 省略 -- > 

紳士・淑女の皆様 --- 慌てる必要はなにもありません --- ボイラー室でささいな問題がありましたが、すべてはもう・・・」

核爆発の音
ドカーン!

爆発で船は真っ二つ < -- 省略 -- >

船医のベンウェイ医師は、呑んだくれたメスの一閃で十センチの切開を五センチ余計に切る ---

「もしかして虫垂はもう取ってあるんじゃないかしら?」と看護婦は、けげんそうに彼の肩越しにのぞきこんで言う --- 「傷跡があったわよ ---」

「虫垂が取ってある、だと! 虫垂を取るのはこのワシじゃ! ワシがここでいったい何をしとると思っちょる!」

「先生、虫垂は左側にあるのかもしれないわ --- 時々そういうこともあるのよ ---」

「首筋に息をかけるのはやめんか --- ワシもいまそれを言おうとしてたとこだ --- ワシが虫垂のありかぐらい知らんとでも思っとるのか --- ワシは一九〇四年にハーバードで虫垂学を修めとる ---」かれは腹膜を持ち上げ、切開部に沿って探しまわりつつ、タバコの灰を落とす ---

「新しいメスをよこせ --- これは刃がまるでない」 ---

かれは血で染まったげんこつを看護婦にくらわす。

ドカーン!

医師は後ろを向いて壁にへばりつく。血のついたメスは片手に握ったまま(つまり、メスで腸を引きずり出している)。患者は手術台からすべり落ち、腸を床中にぶちまける。ベンウェイ医師は道具とコカインとモルヒネをカバンに詰めこむ

「縫合しとけ。こんな状態で仕事をできるほうがおかしいわい」

< -- 省略 -- > ベンウェイ医師は手すりに群がる群衆をおしのけて、最初の救命ボートに乗船 ---

「みんな大丈夫かね?」と女に混じって腰を下ろしながら、かれは言う --- 「わたしは医者だ」

modified after W・S・バロウズ・著, 山形浩生・訳 (1995.3) Gave Proof through the Night. 『ノヴァ急報』所収. pp.119-125. ペヨトル書房, 東京.
(原文からかなり変更が多い。朗読に従って表記。改変・付加箇所は赤字

------------------------------------------

(注)

Twilight's Last Gleamings(黄昏の最後の輝き)は、本来、Burroughsの初期短編のタイトル。

この短編は未発表に終わっていたのだが、THE NAKED LUNCHの拾遺集的な作品である(1989) INTERZONEで発表された。

その中のDr. Benwayのシーンを少し補足して、NOVA EXPRESS収録のTwilight's Last Gleamingsにしてある。

また、短篇集(1973) EXTERMINATOR(おぼえていないときもある)にもTwilight's Last Gleamingsという同タイトルの短編が収録されている。これはまた全然別の作品。ややこしい。

どちらも、USA国歌The Star-Spangled Banner(星条旗よ永遠なれ)を味付けとして取り上げている、という共通点はあるが・・・

なお、Twilight's Last Gleamingsは同国歌の中の一節。

------------------------------------------

しかし、朗読の後半も狂ってる(笑)。

不条理な文章を、真面目くさって朗読するスリー・ピース・スーツの老紳士。もうこれだけでおかしいのだが、Burroughsは至極ノリノリ。原稿に目を落とすこともなく(たぶんprompterあり)、身振り手振りも加えながら、ガンガン語りかける。

これも聴衆ドッカンドッカン(笑)。なんとなく、USAでのBurroughsの扱いがわかってきたぞ。

------------------------------------------

なお、前半THE NAKED LUNCHのシーンは、Burroughs自身の主演で映像にもなっている。

・YouTube > Dr Benway Operates - William S Burroughs(uploaded on 2017/3/24 by Pinball London)
https://www.youtube.com/watch?v=TUELCLIGHk0



こちらの方がTHE NAKED LUNCH原文に近いが、やはり省略がかなりある。また、fuckingにはピー音(笑)。

これは、前にもちょっと紹介した

映画Howard Brookner (dir) (1983) BURROUGHS : THE MOVIE

の一部だ。映像になると、これもうホントに「不条理コント」だね。

参考:
・DANGEROUS MINDS > Martin Schneider/STARRING WILLIAM S. BURROUGHS AS DR. BENWAY(04.01.2015 01:24 pm)
http://dangerousminds.net/comments/starring_william_s._burroughs_as_dr._benway

------------------------------------------

だいぶ横滑りしたが、SNLの朗読では、後半のBGMにStars and Stripes Forever(星条旗よ永遠なれ)が使われているが、Burroughsの朗読が終わっても曲はまだ終わらなかった。

Halは、これがだいぶ心残りで、これがのちにBurroughsのアルバムを作る原動力にもなっている。

------------------------------------------

BurroughsのSNL出演をきっかけとして、HalはすっかりBurroughsファンになった。それまで、Burroughs作品は一冊も読んだことなかったのに(笑)。

そして、数年が経過。

1987年ころ、

Marianne Faithful/STRANGE WEATHER [Island] release 1987

Allen Ginsberg/THE LION FOR REAL [Island/Antilles] release 1989

のproduceをしたことをきっかけに、二人にBurroughsを紹介してもらい、アルバム制作を持ちかける。Burroughsは快諾。

それがDEAD CITY RADIO [Island] release 1990

先に紹介したMaterial/SEVEN SOULSと、制作時期が重複しているような気がするのだが、その辺の事情は謎だ。

------------------------------------------

以上、アルバム制作に至る経緯については、主に

・Hal Willner (1990) Willner Notes. IN : William Burroughs/DEAD CITY RADIO [Island] 

より。

次回から、ようやく DEAD CITY RADIO を紹介していこう。

===========================================

(追記)@2018/01/12

Hal Willner produce作で取り上げるのは以下の5作。

(1) Willam S. Burroughs/DEAD CITY RADIO [Island] release 1990


(2) William S. Burroughs/SPARE ASS ANNIE AND OTHER TALES [Island/Red Label] release 1993


(3) William S. Burroughs/LET ME HANG YOU [Khannibalism] release 2016


(4) William S. Burroughs/NAKED LUNCH [Warner Bros.] release 1995


(5) Hal Willner/SEPTEMBER SONGS : THE MUSIC OF KURT WEILL [Sony] release 1997

2018年1月10日水曜日

BURROUGHS WITH MUSIC (16) BurroughsとHal Willner-その1

お次はHal Willnerものシリーズを紹介していこう。

その前に、Hal Willnerについて、また、彼とBurroughsの関係について。

------------------------------------------

Hal Willner(1956-)は、USAの音楽producer。このblogでも何度も登場済。

Nino Rotaの映画音楽を、豪華Jazz musiciansで演奏させた

AMARCORD NINO ROTA [Hannnibal] release 1981

で名を上げ、続いて、このblogではお馴染みのMonk tribute作品

THAT'S THE WAY I FEEL NOW [A&M] release 1984

が大評判となった。その後もKurt Weill曲集、Disney曲集、Mingus曲集など、切れ味は増すばかり。

------------------------------------------

1981~90年には、NBCの人気番組Saturday Night Live(SNL)のMuscial Producerを務めた。

1988~90年には、やはりNBCのSunday Night~Night MusicのMusical Coordinatorを務め、David Sanbornを司会、Marcus Miller、Hiram Bullock、Omar HakimらでなるHouse Band、そして豪華guestsと共に、数々の名liveを制作してきたのも有名。

Night Musicについては、いつかまた取り上げたい。

------------------------------------------

1981年11月7日には、SNLにBurroughsを引っ張りだし、自作THE NAKED LUNCH(裸のランチ)とNOVA EXPRESS(ノヴァ急報)の一節を朗読させている。

根っからのアングラ人間であるBurroughsが、全国ネットのTVに登場したのは、これが初めて。

参考:
・OPEN CULTURE : The best free cultural & educational media on web > Archives > February 2014 > Dan Colman/William S. Burroughs on Saturday Night Live, 1981(February 5th, 2014)
http://www.openculture.com/2014/02/william-s-burroughs-on-saturday-night-live-1981-a-quick-100th-birthday-celebration.html

------------------------------------------

上記サイトには、後半NOVA EXPRESS朗読の映像があるが、かなり不鮮明。

SNL公式映像もあり、こちらはもちろん最高品質。THE NAKED LUNCH~NOVA EXPRESSの完全版。おおお。

・YouTube > Guest Performer: William S. Burroughs - Saturday Night Live(uploaded on 2013/10/13 by Saturday Night Live)
https://www.youtube.com/watch?v=ye0Zp9J6Z30

どちらも、Burroughsお得意の「キチ◯イ医師Dr. Benway手術もの」だ。聴衆爆笑。

------------------------------------------

ここで引用するTHE NAKED LUNCH/『裸のランチ』の版は、

・William Burroughs (2001) NAKED LUNCH : THE RESTORED TEXT. vii+289pp. Grove Press, NYC. 
← Original : (1959) THE NAKED LUNCH (The Traveller's Companion Series, no.76). Olympia Press, Paris.


Cover Design : Roberto de Vicq de Cumptich

・W・バロウズ・著, 鮎川信夫・訳 (2003.8) 『裸のランチ』(河出文庫). 373pp. 河出書房新社, 東京.
← 原版 : (1965.9) (人間の文学19). 河出書房新社, 東京.


カバー・デザイン : 菊地信義

------------------------------------------

前半はTHE NAKED LUNCHから。このシーンは、特にDr. Benway Operatesとして、独立して扱われることも多い。

The hospital lavatory has been locked for three hours solid… I think they are using it for an operating room….

NURSE: "I can’t find her pulse, doctor."

< -- omitted -- >

DR. BENWAY: "Cardiac arrest!" He looks around and picks up a toilet plunger… He advances on the patient... "Make an incision, Doctor Limpf," he says to his appalled assistant... "I’m going to massage the heart."

Doctor Limpf shrugs and begins the incision. Doctor Benway washes the suction cup by swishing it around in the toilet-bowl…

NURSE: "Shouldn’t it be sterilized, doctor?"

DR. BENWAY: "Very likely but there’s no time.” He sits on the suction cup like a cane seat watching his assistant make the incision… "You young squirts couldn’t lance a pimple without an electric vibrating scalpel with automatic drain and suture… < -- omitted -- > All the skill is going out of surgery... All the know-how and make-do…The naked skill ensures a call using materials and hands(注). Did I ever tell you about the time I performed an appendectomy with a rusty sardine can? And once I was caught short without instrument one and removed a uterine tumor with my teeth. That was in the Upper Effendi, and besides the wrench was dead..."

DR. LIMPF: "The incision is ready, doctor."

Dr. Benway forces the cup into the incision and works it up and down. Blood spurts all over the nurse, the doctors and the wall... The cup makes a horrible sucking sound.

NURSE: "I think she’s gone, doctor."

DR. BENWAY: "Well, it’s all in the day’s work." He walks across the room to a medicine cabinet... "Some bestial drug addict has cut my cocaine with Saniflush! Nurse! Send the boy out to fill this RX on the double!"

modified after NAKED LUNCH, pp.51-52
赤字は朗読に従い改変)



病院洗面所は三時間もぶっ通しに閉鎖されている・・・ 手術室代わりに使われているのだろう・・・

看護婦 「先生、脈がみつかりません」

< -- 省略 -- >

ベンウェイ医師 「強心剤を!」 医師はあたりを見まわし、トイレづまり用吸盤を取り上げる・・・ 医師は患者のほうに歩み寄る・・・ 「切開したまえ、リンプフ先生」と医師は肝をつぶしている助手に言う・・・ 「私は心臓マッサージをしよう」

リンプフは肩をすくめ、切開に着手する。ベンウェイは吸込みカップを便器の中でゆすいで洗う・・・

看護婦 「先生、消毒しなくてはいけないのではありませんか?」

ベンウェイ医師 「まあそうだが、時間がない」彼は籐椅子のような吸込みカップに腰をおろし、助手が切開を行なうのを見守る・・・ 「きみたち青二才は自動排膿管と縫合装置のついた電動メスがなければにきびも切開できやしない・・・ < -- 省略 -- > あらゆる手腕は手術には不要になるのだ・・・ すべてのノウハウや工夫などは・・・ 素の技術があれば、いつ呼び出されても、何でもいいから何か道具と手で請け負えるのだよ(注)。そうそう、私が錆びたイワシのかん詰のあきかんで虫垂切除をやってのけたときの話をしたことがあったかな? それにいつだったか、何も道具を持っていないのに急患がやってきて、子宮の腫瘍を歯で食いちぎったこともある。あれはエフェンディ上流だった、それにまたスパナがだめで・・・」

リンプフ医師 「切開しましたよ、先生」

ベンウェイは吸込みカップを切開口に押しこみ、上下に動かす。血が噴出して看護婦や医者や壁に飛び散る・・・ カップは気味の悪い吸引音をたてる。

看護婦 「先生、死んだようです」

ベンウェイ医師 「まあそれも仕事のうちだ」 彼は部屋を横切って薬品戸棚に歩み寄る・・・ 「だれかケダモノ野郎の麻薬患者のやつがコカインにサニフラッシュを混ぜやがった。看護婦、子供を使いにやってこのRXを早く補充させといてくれ」

modified after 『裸のランチ』, pp.92-94
赤字は朗読に従い改変)

赤字は、THE NAKED LUNCH/『裸のランチ』から変更されている箇所。TVなので、fuckingが使えず、bestial(獣のような)になっているのが笑える。

(注)
この箇所は、原文にない文章が挿入されている。で、私の聞き取りによる書き下ろしなのだが、ぜんぜん自信ない(笑)。

------------------------------------------

爆笑。後半は次回。